MENU

「肝機能改善にはサプリがおすすめ。オルニチンの効果とは?」

「最近、二日酔いになりやすくなってきた…。もしかして肝機能が衰えはじめたのかも」と心配しはじめたそこのあなた。肝臓は、何か病気を患っていてもなかなか自覚症状が現れず、気づいた時には取り返しがつかないほど肝機能が衰えてしまっていることもあります。少しでも肝機能が気になりだしたらサプリを始めてみませんか。肝機能の改善には「オルニチン」が有効です。今回は、肝臓の働きとオルニチンによる肝機能の改善効果、オルニチンのサプリについてご紹介していきたいと思います。

 

肝臓の働き

肝臓は、腹部の中心よりやや右側に位置している臓器です。約3,000億個もの細胞から成り立っていて、体重の約1/50、1.2〜1.5kg程度の重さがある、体の中で一番大きな臓器です。動脈と静脈以外に門脈という血管を持ち、さまざな臓器から門脈を通って肝臓に血液が流れ込みます。肝臓の主な働きは、代謝・エネルギーの貯蔵・解毒・胆汁の生成の4つです。ひとつずつご紹介していきたいと思います。

 

代謝

食事から摂取した栄養分は、胃や腸で分解されて肝臓へと運ばれてきますが、そのままでは体内で使うことができません。肝臓は、この分解された栄養分を体内でエネルギーとして使える形に変換する働きを担っています。これが「代謝」と呼ばれる機能です。アンモニアを分解する「オルニチンサイクル」、エネルギーを産生する「TCAサイクル」、ブドウ糖を合成する「糖新生」など、さまざまな代謝経路があり、種類によって異なる栄養素が複雑に働くことで成り立っています。

 

エネルギーの貯蔵

人間の脳はブドウ糖をエネルギー源として活動しています。このブドウ糖をグリコーゲンとして貯蔵しているのが肝臓です。肝臓は24時間、必要に応じて脳にブドウ糖を供給して、脳がエネルギー不足となって活動が停止しないように支える役割を担っているのです。

 

解毒

肝臓は、体にとって有害な物質、たとえばアルコールやアンモニア、薬剤などを分解して無毒化する働きを担っています。この働きを「解毒」と呼びます。

 

胆汁の生成

胆汁は、脂肪の消化や吸収を助ける働きや、古くなった赤血球を排泄する役割を持っています。肝臓は、胆汁酸から胆汁を生成し、胆嚢に貯蔵しています。胆汁生成時にコレステロールを消費するので、血液中のコレステロールの濃度調整にも役立っています。

 

肝機能が衰える原因

どうして肝機能が衰えてしまうのでしょうか。それは肝臓が必要以上に働かされることによって疲労が溜まってしまっていることが原因です。ではどうして肝臓が疲労してしまうのでしょうか。いくつか原因をご紹介していきたいと思います。

 

暴飲暴食

暴飲暴食をすると、過剰に体内に入ってきた栄養を、肝臓は一生懸命処理し続けなければいけませんので疲弊してしまいます。また、たんぱく質の分解で発生するアンモニアは毒性があり、肝臓のエネルギーの産生機能を阻害してしまいます。アンモニア自体の解毒も、過剰に発生することで追い付かず、ますます肝臓にダメージを与えてしまうのです。

 

アルコールの過剰摂取

暴飲暴食と同様に、アルコールを過剰に摂取すると、肝臓は解毒処理に追われ、疲弊してしまいます。また、アルコール分解時に生じる有害物質のアセトアルデヒドは、アンモニアと同様に、エネルギー産生機能を阻害してしまい、肝臓に悪影響を及ぼすのです。

 

運動不足または運動過剰

運動不足の状態では筋肉が働かないため、心臓から全身に送られた血液を上手く心臓に戻すことができず、血流が滞りがちになります。すると、滞った血液には老廃物がたまりやすくなり、それを処理する肝臓にも負担がかかってしまうのです。

 

逆に、運動過剰な場合にも肝臓に負担がかかります。筋肉を酷使すると、アンモニアが大量に発生します。発生した大量のアンモニアの処理に追われ、肝臓は疲弊してしまうのです。

 

ストレス

ストレスは交感神経を刺激して血流を滞らせてしまいます。肝臓の血流が悪くなってしまうと、余計な負担が肝臓にかかるようになってしまうのです。

 

オルニチンとは

オルニチンは、たんぱく質とならず、アミノ酸の形のまま体内で機能する、いわゆる遊離アミノ酸の一種です。

 

オルニチンの効果

オルニチンはなぜ肝機能改善に効果的なのでしょうか。オルニチンは、肝臓の代謝経路のひとつとして、さきほどご紹介した「オルニチンサイクル」の一部を構成しています。ですから、オルニチンを摂取することにより、オルニチンサイクルが活性化して、アンモニアの分解を促進する働きがあります。アンモニアを分解することにより、アンモニアが阻害するTCAサイクルや糖新生といったエネルギーを生み出す代謝経路の活性化も促進するため、疲労を回復させ、活動的な体を維持するのに非常に役立つのです。

 

肝機能改善以外にも、オルニチンにはさまざまな効果があります。
成長ホルモンの分泌を促すことで筋肉を増強させ、代謝が上がることで美肌効果も期待できます。二日酔い対策や疲労回復効果に加えさまざまな効果が得られ一石二鳥ですね、

 

オルニチンの摂取方法

肝機能改善に効果的なオルニチンはどのように摂取することができるのでしょうか。オルニチンは、たんぱく質を構成するアミノ酸ではないので、食品からの摂取が比較的難しいミノ酸です。ダントツで含有量が多いのは、シジミで、食品100g(シジミ約35個分)中に10.7〜15.3mg含まれています。その他、ヒラメやキハダマグロ、チーズなどにも含まれていますが、わずかな量になります。肝機能改善を目的とした場合の推奨オルニチン摂取量は、1日当たり400〜1,000mgと言われているため、たとえ含有量の多いシジミであってもだいたい3,000個ほど摂取しなければならない計算になります。これは不可能ですよね。ですから、オルニチン成分が抽出され濃縮して配合されているサプリでの摂取がおすすめなのです。

 

オルニチンの副作用

気になるオルニチンの副作用ですが、オルニチンは天然の成分であり、もともと体内にも存在する成分なので、非常に安全であり、たとえ少し過剰に摂取してしまったとしても、水溶性なので汗や尿となって排出されてしまうため、体に溜まることもありません。ただし、胃腸が弱っている場合には、過剰摂取で胃痛や下痢が起こる可能性はありますので、あくまでも定められた用法・用量を守って摂取するようにしましょう。

 

オルニチンサプリの上手な選び方

オルニチンサプリは様々な種類が販売されています。その中でどのように選べばよいのでしょうか。まずは、オルニチンの含有量をよく確認しましょう。含有量が低いサプリでは、効果を実感できないかもしれませんので注意が必要です。また、たとえオルニチン含有量が高く、効果が期待できそうでも、自分の好みに合ったサプリでなければ継続して飲み続けることができません。味や形状など、よく確認してストレスなく飲み続けることができるサプリを選びましょう。同様に、いくら効果が期待できそうでも、値段が高すぎるサプリも問題です。あまりに値段が高いと、途中で購入し続けることができなくなってしまう可能性があります。自分の好み、品質、価格のバランスの取れたサプリをよく確認して選ぶと良いでしょう!

 

まとめ

肝機能改善にとても有効なオルニチン。効果的にオルニチンを摂取するにはサプリがおすすめです。まずは気軽に始めてみませんか。